« 2.岡田祐介 | トップページ | 4.宮崎カレン »

3.萩原恭平


【萩原恭平】

年齢19歳。暴力行為で都立高校を退学。その後はいわゆるニートである。外に出ることは稀で、主にネットゲームに時間を費やしている。髪の色は金。素行は極めて不良。


 あの野郎、バカにしてやがる。マジふざけんな! 今日はさっさと寝ろ。明日はさっさと起きろ。そして働け。ここには最低限の水と食料しかない。それ以上を望むなら、自分で畑を耕し水脈を探せ。それがここのルールだ。って、オレになんの関係があるんだよ!


 つーか、ここが砂漠だってわかってんのか? 水脈とか、意味わかんねぇ。探してる間にオレら全員干からびて死んじまうって!


 これはなんかの罰ゲームなのか? オレが高校で人生ドロップアウトした罰なのか? わけわかんねぇよ。パソコンさえあれば手がかりくらいはつかめるかもしれないのに……。


 あー、ゲームやりてぇ。どうすんだよ、親にデータ消されたりしてたら。だけど、あそこはリセットできるからいいよな……。俺の人生終わってるから……笑える。


 ……テントに寝袋って今時キャンプかよ。連れてくるならプレハブくらい建てとけって。まぁ、思ったほど悪くはないけどな。住むだけならこんなもんでも十分耐えられる。服も別にどうってことない。全員おそろいってのがダサくて好きじゃねぇけど、あるだけマシってとこか。


 あとは食料。食料……。ハラへったなぁ……。明日の朝になったら、ライフルのヤツが届けてくれんのか? それしか考えられないよな。テントの中には何も見当たんねぇし、外は砂、砂、砂。


 もしかして、あの砂、食えんのか? いくらなんでも食えるわけねぇよな……バカかオレ。やっぱ支給だろ。飢え死にさせるくらいだったら面倒くせぇ、撃ちまくってさっさと全滅させるだろうし。あれはただの牽制だよ、牽制。


 だけど、ホントに罰ゲームだったら逆にリアルで面白いな。RPGの中みたいじゃねぇ? 無茶苦茶なストーリーに巻き込まれてく主人公とかヒロインとか。いきなり冒険の旅に出されるって、けっこう最悪だな。


 なんでオレがターゲットになったのかさっぱりだけど、普通の生活してたわけじゃない。罰なら罰で受け入れるとして……とりあえず寝るか。

« 2.岡田祐介 | トップページ | 4.宮崎カレン »

Novel 24-7 1-5」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。